失敗したら、当たり前。成功したら、男前。

失敗と成功
かねやん
連休最高!!

こんにちわ。

かねやんです(@thekronos07)。

久々に記事を更新できるので、

ちょっとうれしいですw

 

最近、ある友人から

夢や目標はあるけど、

「失敗」が怖くて踏み出せないという相談がありました。

 

「失敗」を恐れるというか、

「失敗」を避けているような人もいますよね。

 

私もたくさん、失敗を経験しました。

そんな私が感じている

失敗と成功について、

書いていきたいと思います。

失敗は若ければ、若いほど許される説。

「まぁ、まだ若いんだから、次頑張ればいいよ。」などで、

若いというだけで、まだ許してもらえる部分はあるかと思います。

とは言え、同じことを繰り返し失敗していては駄目ですよw

 

もし、後輩とかが「失敗」してしまった時は、

「私も若い時は、よく失敗してたもんだよ」みたいな感じで、

あなたが「失敗」を許してあげてください。

 

失敗は、恥ずかしい事ではない。

あなたが勝手に、頭の中で「失敗した!!」と思っていたら、

それは失敗かもしれませんが、

他人は別に、あなたのことをずっと見ているわけではありません。

ストーカーじゃない限り、大体の人は、無関心です。

 

ぶっちゃけ、失敗した時に、

「失敗した!!」とは思わないことが大事かと。

 

失敗しても、死ぬわけじゃない。

 

失敗しても、死にません。

失敗したからと言って、

死ぬというのは、あまり聞いたことがないですよね。

自分から「死」を選択しない限り

死ぬことはありません。

 

失敗した分だけ、対策が取れるはず。

「失敗は、成功のもと。」とも言いますよね。

それに、小さい頃の自転車や鉄棒の練習を思い出してみてください。

こうやったら、転ぶとか怪我をするな〜っていうのは、

失敗した事によって、対策が取れてるわけですよね。

失敗したとしても、仮説と対策が取れるようになるはずです。

ポジティブシンキングです。

まとめ

人間、完璧なわけじゃないので、

誰でも、失敗はします。

私は最近、ある言葉を思い出すようにしてます。

失敗したら、当たり前、

成功したら、男前

プロポーズ大作戦で、出てきた言葉です。

 

私もこうして、記事を書いていて、

「あー、これは失敗だったかなー」とかあったりもします。

そういったところは、改善していきたいなーなんて思いますね。

誰かが失敗しても、「よくあるよねw」くらいで許してあげましょうw

そして、夢や目標に向かって、どんどんチャレンジしていきましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

社会からはじき出され、フリーター。 精神病、債務整理、ネグレクト、家族と絶縁など、『どうして、こうなった!!』みたいな人生を送っております。 専門中退→アドテク系スタートアップ→WEB系ベンチャー→フリーター。 時間に縛られず、家族を守れるような生き方を目指す24歳。 今を生きる若い世代に、少しでも多くの経験を共有したいブロガー。