虐待&絶縁、双極性障害&ADHD、自己破産、ホームレス

虐待、絶縁、双極性障害とADHD
生まれてきてもよかったのかな

「俺は…生まれてきてもよかったのかな…。」

それは、今から約17年前に遡る。

当時、小学1年生だった私は、

親から常識やルールといったものを押し付けられ、

一緒に暮らしていた祖父から、虐待を受けて育つ。

 

 

 

 

 

かねやん
冷蔵庫に、美味しそうなどら焼きがあったので、

食べたら、賞味期限切れで腹壊しましたw

今は、もう大丈夫です!!

 

どうも、

かねやんです(@thekronos07)。

 

気付けば、もう9月。

あと少しで、秋刀魚が食べたくなる時期です(^q^)

美味しい日本酒を、まったり飲みながら旬の食材を味わうのが、

楽しみで、楽しみで…。

そんな秋を待ち遠しく思う私ですが、

 

ふと、プロフィールみたいなものがあったほうがいいな。と思いまして…、

今回は、幼少期の虐待&家族との絶縁、双極性障害&ADHD、自己破産、ホームレス

と、色々な事を経験してきた私、かねやんのことを書いていきます。

金子 龍樹 (かねこ りゅうき) / フリーター

1993年6月16日生まれの24歳。

出身地は横浜。

 

現在は、アルバイトをしながらの執筆となります。

最近は、暗号通貨のチャートをガン見してたり、

色んな人のブログを読んでたり、

Twitterにいたりします。

 

日本酒、泡盛、焼酎、梅酒が好きで、

去年、長野の酒造に行った時は、ベロンベロンになりながら、

日本酒を試飲しまくってましたw

地酒とかめっちゃ好きだったりするので、日本全国周りたいものです。

 

趣味は、アニメと洋画、海外ドラマが多いです。

好きな洋画

  • ウルフ・オブ・ウォールストリート
  • リミットレス
  • ウォール・ストリート

好きな海外ドラマ

  • ライ・トゥ・ミー
  • バーン・ノーティス
  • ホワイトカラー
  • プリズン・ブレイク

オススメがありましたら、ぜひ教えてください!!w

それでは、冒頭の続きとなります。

幼少期の虐待&家族との絶縁

生まれてきてもよかったのかな

「俺は…生まれてきてもよかったのかな…。」

それは、今から約17年前に遡る。

当時、小学1年生だった私は、

親から常識やルールといったものを押し付けられ、

一緒に暮らしていた祖父から、虐待を受けて育った。

 

虐待は親に言っても、信じてはもらえず、

何も悪いことなど、した覚えはなく、

ただ理由もわからず、ドアや、壁に叩きつけられ、

大人の力で一方的に殴られ、蹴られ…。

そんな日々が続く毎日…。

 

それでも、親は「よく見られたい」と世間体ばかり、

気にしていて、ただ自分達の願望を押し付けるのみだった。

反抗すれば、タバコの火でお灸をされ、

成績が悪いと兄弟や近所のお坊ちゃまと比較され、

「なんで、あの子が出来てるのに、あんたは出来ないの!!」

そして、また殴られる日々。

 

自分なりに、どれだけ頑張ろうと結果はいいものではなく、

「自分が、存在していることがいけないのかな…。」

「生まれてきて、ごめんなさい。」

そう思うようになっていた。

 

首吊りで、何度も自殺をしようとし、

失敗に終わる。

 

反抗すれば、暴力で解決。

親の価値観、願望に縛られ、

 

誰にも認められず、生きてる実感がなかった。

 

ある日、親から

「お前は、失敗作だ!家族の恥だから出て行け。」

と言われ、私は家族・故郷、すべてを捨てて、

 

「誰よりも自由に生きてやる!!」と、決意した。

 

 

双極性障害2型&ADHD

前職は、WEB系ベンチャー企業で、

エンジニアとして勤務していた私は、

安月給長時間労働な社畜だった。

 

ある日から、

朝は、吐き気がひどく、身体もしんどくて重たい、

遅刻や寝坊が増え、

頭はボーっとし、内容は全く頭に入らず、

そんな毎日が続き、、

重度の双極性障害2型(躁鬱病)&ADHDの診断を受け、

仕事は3ヶ月以上のドクターストップ。

「復帰しても、また同じ繰り返しをしてしまうのでは。」と思い、

これを機に早期退職。

 

しかし、この病気は、治る事は無く、

ずっと、この病気と向き合って行かなければならない。

この時の私は、頼れる友人や家族もいない。

失うモノなど、何もなかった。

そう、生きる希望も無い私には、”自殺”という二文字が頭に浮かぶ。

 

無職の私は、カネなし、職なし、家族なし、夢も希望もなし…。

 

 

自己破産して、ケチャップ生活。そして、ホームレスへ

無職になった私は、飯を買う金もなくなり、

腹が減った時は、ケチャップを吸うというのを繰り返してました。

(※廃人になります。良い子は真似しないでね!)

 

借金も膨れ上がり、家賃も三ヶ月くらい滞納していました。

弁護士に相談し、自己破産へ。

 

生活保護を受けることもできましたが、

何かに縛られる事を嫌う私は、それを拒みました。

ですが、最低限度の衣食住は、やっぱり大事だな。と感じましたw

 

そんな状況の中、働ける場所を探すが、見つからず、

家賃を払える金も無くなり、家を出ることに。

そして、ホームレスになってしまい、途方にくれてました。

 

そんなある日、久しく連絡を取っていなかった友人と、

連絡を取るようになり、

経緯を話したところ、その友人に助けられ、

居候を始めました。

「ずっと居ていいよ!」と言ってくれた友人。(マジ感謝。)

 

なんとかバイト先を見つけ、働き始めたときに、

「4月いっぱいで、家を出てくれ」と言われ、

居候をさせてもらったのは、約2ヶ月。

 

そして、日本三大ドヤ街、横浜の寿町へ

画像:知の冒険

その後、職場の人に紹介してもらい、

辿り着いたのはドヤ街の簡易宿泊所。

 

昼は、ホームレスや、ボロボロの服を着た生活保護受給者などが、

路上に寝そべっていたりしていたり、

夜は、ヤ◯ザや、売人などがウロついてました。

 

毎日、救急車のサイレンが鳴っていたり…。

殺人事件もあったということで、

いつか殺されるんじゃないかと思いながら、

生活しておりました。

 

近所に住む、友人や不動産の人に「ここに住んでる」と言うと、

大体、ビックリされます。笑
(※最近、ドヤ街から引っ越しました。)

まぁ、それぐらい、近寄りがたくて、危険な街で有名なんですよね。

ただ、あの街は高齢化が進みすぎて、

日本の未来が見えました…。

 

 

今後の目標

バイトの休みを増やしたことで、収入が減ったので、

ブログ記事の執筆と、マーケティングや書き方などの勉強に当てたいと考えています。

ケチャップを吸ってた頃の生活を思い出して、、、。
(絶対、戻りたくねぇ…。)

 

今まで、私が経験した事を若い世代にも共有し、

発信することで、

何かのきっかけになればいいな〜と思います。

 

お金のことや、

仕事についてのことや、

人妻キラーと言われた私の恋愛テクの話や、

日常生活に起きた事などを、

発信していきたいと思っております!

ABOUTこの記事をかいた人

社会からはじき出され、フリーター。 精神病、債務整理、ネグレクト、家族と絶縁など、『どうして、こうなった!!』みたいな人生を送っております。 専門中退→アドテク系スタートアップ→WEB系ベンチャー→フリーター。 時間に縛られず、家族を守れるような生き方を目指す24歳。 今を生きる若い世代に、少しでも多くの経験を共有したいブロガー。